心得

 館員心得
 盈進義塾興武館の会員は、入門上の注意、道場の心得、稽古の心得等を常
に胸にとどめ、初心を忘れることなく、真面目に剣道を修行し、人格形成を
目標として、常に理想を目指し、立派な社会人に成長するよう努力すること。



 入門時の注意
 入門希望者は、道場心得を守り、心身を鍛錬し、会員相互の和を大切にし
て、礼儀正しく、人に迷惑をかけることなく、人格形成に努力することを目
標に剣道を修行すること。


 道場の心得
 道場は神聖な人格修養の場です。常に厳粛を旨とし、次のことを守ること。
・礼儀作法
一 道場への出入りには、入り口にて脱帽し、服装を正して神座に対して礼を行なうこと。
一 師範、上位者、年長者、来館者に対して礼儀正しくし、相互の礼も正しく行なうこと。
一 高笑い、雑談、下品な声援等を慎み、品位ある言動を心掛けること。
一 更衣は、予め定められた場所で行い、無作法にならないように気をつけること。
一 剣道用具・稽古着・袴等は、修行のための道具であるので、大切に取り扱うこと。
・道場の整頓
一 道場内は、清潔にし、整理整頓につとめること。
ー ロッカーは、許可されたもの以外使用できない。

 稽古の心得
 わが国において、古来から伝承されてきた武道や芸道・芸事では、練習とかトレーニング
のことを「稽古」という言葉を使います。これは「古(いにしえ)を稽(かんが)える」と
いう意味で、辞書には「昔の物事をよく考える意で、古書を読んで昔の物事を参考にし、物
の道理を学ぶこと」とあります。
 道場における稽古の心得として、ひとたび面を着けたならば、まず安易な仲間意識を捨て
る。人の和あるいは道場仲間内の和は、一人の人間の剣風の価値とはまったく別物だ、とい
うことをかみしめる。このことを念頭において、毎日の稽古は各自の全人格を打ち込み、各
自が有する心・技・体の限りを尽くして相手に立ち向かうことが最も大切です。
 一回の稽古、一本の打突は一期一会の精神で行うこと。そして稽古を通じて、自己の創造
に心掛けること。形には表れないが、心の中では猛獣が牙をむき、爪を露出させ、毛を逆立
てて闘争する覚悟がなければなりません。
 しかし、稽古が終わって面をはずしたならば、それまでの闘争意識から離れ、一般社会人
としての日常に戻る。そして最も大切なことは、稽古を通して人格と人格の全人的な切瑳琢
磨が、剣道を修行する人たち一人ひとりを心身ともに成長させることに繋がるということで
す。